宝厳寺のご探訪

「重文」五重石塔

五層の仏塔。地・水・火・風・空の五大をかたどったものといわれています。

高さ247cm。石材は滋賀郡の山中から採れる小松石です。
初重塔身には四仏が彫られています。初重以上の屋根はその上層軸部と一石彫成となり、上に相輪あげたての形式は鎌倉中期の石塔の特徴を示しています。


上へ戻る