住職ブログ

「ごめんなさい」が言えない大人たち

2010年08月27日

お寺にとって一年でもっとも忙しいお盆の季節も無事に過ぎ、先日 北海道へ出張に出かけてまいりました。毎年 聖徳院さんというお寺を訪ね、ご住職様やそこの集われている信者様とお会いするのをとても楽しみにしております。
さて、このご住職様のお話は、次回に詳しくお話させて頂くとして、その帰り 千歳空港から大阪への最終便の飛行機でのこと。出発時間が過ぎても飛行機は動き出しません。私の席は搭乗口のドアの直ぐ傍で、乗務員の方の声がよく聞こえたのですが、何でも搭乗予定の人がまだ来ていないとの事。それから15分近く経ち、お客さんの中には「大阪に着いてからの交通の便が間に合わなくなってしまう。」との苦情も出始め、乗務員の方々もドアのところに集まり、まだ来ない人々の荷物を降ろすかどうかと相談している所へやっと当事者が現れました。60歳台半ばの御夫婦2組で、申し訳なさそうにするでもなく、恥ずかしそうにするでもなく、係員の方に急かされても ぺちゃくちゃ会話しながら乗って来きました。その態度に私以外にもびっくりされた方も多かったようです。急がせる係員の声を素直に置けとめる態度や迷惑を掛けたことへの素直な反省の態度の欠落はひどいものでした。以前、日本人は外国の方々から「礼儀正しい」「親切である」という声をよく聞いたものですが、それは日本人が美徳として大切にしてきた 自分の周りの人々への「気遣い・心遣い」にその源流があるのです。それが希薄になっていっていることは大変に悲しいことですね。