住職ブログ

新年明けまして、おめでとうございます。

2009年01月08日

新年、明けましておめでとうございます。
先ずもって、新年のご挨拶が遅くなりました事を 心よりお詫びしなければなりません。
本日7日まで、新年の行事が続いておりまして、やっとパソコンに向かう時間が頂けました。
さてトップページにも書かさせて頂きましたが、サブプライムローンを起源とする世界不況、それに伴う企業の人員削減など多くの社会問題が起きました。このローン自体、最初から様々な問題が予想されました。
人を騙してもバレなければいい、収益さえ上がればいい、強者が残り弱い立場は切り捨てられても仕方がないという経済至上主義。これらは道徳観という言葉を忘れられた現代社会の全ての事例に通じる風潮であります。
今私たちは、厳しく戒めを持ち、優しき愛情を持って他人に接する心を大切にして、後ろ指を差されない行動をすることを第一義と勤めねばなりません。そんな人々が世の中に増える時、互いに信頼と扶助の精神が生まれ、社会が安定するのです。来年はそんな世界になってほしいと願いたいものです。そんな気持ちをこめて、この句を掲げました。
皆様にとりまして素晴しい1年でありますことを心よりご祈念申し上げます。
誠 意 徳 行 楽 (誠を意とし徳ある行いするは、楽し。)
〔常に心清くまごころを持って人に接し、正道に叶う徳ある行いをすることは、
自分も周囲の人にも喜びを与え、世の中を幸福にするのである。〕