住職ブログ

夏の出来事・・・。

2013年09月02日

夏に入って、竹生島へやってくる水上バイクの数も多くなってきました。彼らのマナーの悪さには本当に困っています。大きな音をたてて走り回ったり、大音量で音楽を流したり、観光船の周りを目立とうとして走り回り あわや衝突目前という事も。また、彼らは大抵水着のままでお寺にお参りに来ることが多く、「せめて上に何か羽織って来てほしい」というと文句を大声で上げ て帰って行くのが常です。

さて先日、また水上バイクのグループがお寺に登ってきました。彼らは水着の上にTシャツなどを羽織っておりました が、御多分に漏れず大声で騒ぎながらお寺への石段を登っていました。その時、彼らの少し前を足の具合が悪い年配の女性が一人 杖を突いて登っておられました。(後でお聞きしたところ、足の股関節を手術されたそうで、具合も十分で無く、荷物を以って杖も持ってで大変だったそうで す。)その時、彼らの中のリーダー風の一人が(顎髭で、日焼けしていて今風の若者で、歌手の     の後ろで踊っていそうな感じの青年)が追い抜きざま にふと立ち止まり女性に声をかけ荷物を持って手を引いて石段を登っていました。他のメンバーの冷やかしにも耳を貸さず黙々と手助けをしていました。石段を 登りきった所で女性から「本当に助かりました、ありがとう。こんなにやさしくして頂いて、本当にうれしいです。」と何度もお礼を言われ、「別に大した事を した訳ではないから…。」と照れながら恥ずかしそうに答える彼の姿を見たとき、今どきの若者もすてたもので無いなぁと感動しました。本当に彼は、おじさん から見てもかっこよかった。